保険を見直す|毎日の安全を保証する東京海上日動火災保険とは
男女

毎日の安全を保証する東京海上日動火災保険とは

保険を見直す

女性

必要な補償額は変わります

就職や結婚をきっかけに保険に加入する人が多いですが、加入時に必要とされた補償額がずっと通用するわけではありません。夫婦2人だけで暮らしている時と、子供が誕生した後とでは、必要となる補償額が大きく変わってきます。また、シングルインカムなのかダブルインカムなのかによっても、保険でカバーすべき金額が変わってきます。ごく大雑把に言ってしまうと、厚い補償が必要になるのは学齢期の子供がいる時期です。子供を1人育て上げるには、相当なお金が必要になります。でも、子供が学校を卒業して就職してしまえば、補償額を高いままにしておく理由がなくなります。補償を厚くすればするほど月々の保険料も高くなりますので、ライフステージの変化に合わせて保険契約を見直すようにした方がよいです。素人には補償額をいくらにしておけばよいのか、なかなか判断がつきにくいものですが、ファイナンシャルプランナーに相談すれば、必要な補償額をキチンと計算してくれます。相談できるファイナンシャルプランナーの心当たりが全くないという人は、街中で営業している保険相談窓口に行ってみるとよいです。

保険相談窓口を利用する

インターネットの検索窓に「ファイナンシャルプランナー」と入力して検索を実行すると、ファイナンシャルプランナーの個人事務所のホームページがズラーッと出てきます。長崎市内にも相当数の個人事務所がありますが、この方法で見つけた事務所に行って保険相談をすると、相談料がかかります。同じように長崎市内で営業していても、相談料は事務所ごとにマチマチになっています。あえて相場料金のようなものをあげるとすれば、1時間あたり1万円前後といったところになります。でも、長崎市内に開設されている保険相談窓口に行けば、ファイナンシャルプランナーに無料で相談することができます。保険相談窓口にいるファイナンシャルプランナーは、ボランティアで相談業務を行っているわけではありません。複数の保険会社からちゃんと報酬を受け取っていますので、何も遠慮する必要はありません。長崎市内には無料で利用できる保険相談窓口がいくつもありますので、保険の契約内容を見直したいと考えている人は一度行ってみることをおすすめします。